未分類 0 Comments

スーパーや小売店舗にとって、万引被害は経営に大きく影響し、その被害は深刻です。日本においてあまり表面化しませんが、万引被害額は世界でも高い方に入っており、その被害の大きさ、深刻さが伺えます。万引き被害で店が潰れるケースもあり、既に社会問題と言っても良いでしょう。

死角を作らないようにする、ミラーの設置、スタッフを増やす、巡回する、防犯ブザーの設置等、ますます巧妙化する万引き被害に対して、各お店では様々な対策がとられています。監視カメラの設置もその一つですが、近年監視カメラの需要は右肩上がりとなっています。

防犯設備、万引き対策として近年、大小関わらずどこのお店でも監視カメラを活用するようになり、防犯対策に欠かせないものとなってきました。今も監視カメラの導入を検討されている方が沢山おられると思います。お店を万引きから守る為とは言え、高価なものは手が出ない、かと言って、安くても機能しなければ意味がありませんし、どうしたら良いのかと頭を悩まされている方もおられることでしょう。

監視カメラ以外にも、人を増やしたり、防犯の為に必要となる経費を考えれば、できれば安く、且つ便利に、安心して利用できる監視カメラを導入したいものです。そんな経営者の方には、録画サービスを利用した監視カメラの導入がお勧めです。監視カメラとインターネット環境、それをモニタリングするキャリアさえあればよいというこの監視カメラについて説明します。