未分類 0 Comments

録画サービスを利用した、クラウド型の監視カメラの仕組みについて説明します。ネットワーク専用の監視カメラを購入し、設置することで、録画した映像を自動で専用サーバーに送信します。そのデータを、モニタリング専用のアプリやブラウザから、インターネット経由で、外出先でもどこからでもアクセスし、モニタリングすることが可能になります。

必要なものは、この監視カメラ、映像を見る為のスマホタブレット等、自宅のインターネット環境(無線)になります。クラウド型の録画サービスを利用することで、レコーダーが不要、尚且、モニタリングもスマホから簡単に行えますので、専用のモニター等も不要です。つまり、初期費用が安く済み、その後の利用も安価で行えるという便利なサービスになります。

万引き対策に監視カメラの設置とは言っても、お店のお金を防犯対策だけにかける訳にはいきません。余計な経費をかけることができないというお店の方には、このようなクラウド型の監視カメラを利用することで、安く便利に導入できますので、どんどん活用していただきたいシステムになります。以前はダミーのカメラを設置しているお店も多くありましたが、気軽に導入できる監視カメラがありますので、ぜひご検討ください。